マンション売却時の仲介手数料とは?不動産会社を選ぶ基準を解説

マンション売却の仲介手数料について徹底解説

マンション売却時の仲介手数料に関してお困りでしょうか?

「仲介手数料はいくらになるのか」や「仲介手数料をできるだけ安くしたい」など、色々なお悩みを多くの人が抱えていることでしょう

当記事では、仲介手数料に関して徹底解説しているので、是非ご一読ください!

マンション売却時の仲介手数料はいくらかかる?いつ払うの?

「仲介手数料」とは、不動産の売買をする際に、不動産仲介業者に支払う費用のことです。

不動産はいくらで売れるのか

当記事でわかること
  • 仲介手数料の定義
  • 価格の計算方法
  • 仲介手数料を抑えるコツ

マンション売却時の仲介手数料とは?

不動産売却にかかる仲介手数料とは
不動産売却時にかかる「仲介手数料」とは、「通常業務で発生する費用」のことです。ただし、特別な広告宣伝や、遠隔地の購入希望者との交渉に行ってもらう時の出張費などは仲介手数料とは別の請求がある場合があります。そして、これはあくまで「成功報酬」ですので売買契約を交わすまでは払う必要はないです。

不動産を売却する際に、必ずと言っていいほど利用するのが不動産仲介業者です。

その仲介業者に支払うのが「仲介手数料」です。

注意しておきたいのが、「通常でない業務」が発生した場合、仲介手数料とは別の料金が発生してしまうということです。

仲介手数料について。通常業務と通常でない業務について

マンション売却時の仲介手数料の計算方法とは

不動産売却の仲介手数料には法律で上限が決められています。

ですので、不動産会社は、0円から上限までの仲介手数料を設定して儲けにするわけです。

仲介手数料

例えば、2400万円でマンションを売却したとします。その場合の仲介手数料の上限はこのように計算します。(消費税は10%ととして計算します)

2400万円の内の200万円は最初の計算式を使って(取引額5%+消費税)10万円+1万円になるので11万円

2400万円の内の次の200万円は二番目の計算式を使って(取引額4%+消費税)8万円+8千円になるので8万8千円

2400万円の内の残りの2000万円は最後の計算式を使って(取引額3%+消費税)60万円+6万円になるので66万円

合計して、85万8千円になります。

仲介手数料の速算法

速算法とは
速算法」とは、上記の計算方法より簡単にマンション売却時の仲介手数料を計算する方法です。先ほどの計算式が複雑で面倒だという方はこちらを使うと良いでしょう。(売買価格×3%+6万)+消費税が計算式になります。

2400万円でマンションを売却した例を取って見てみます。

(2400×3%+6万)+10% なので

78万円+7万8千円=85万8千円 になります。

ちなみに、不動産会社によっては、速算法が異なる場合があるので、事前に確認するようにしましょう。

マンション売却時の仲介手数料を払うタイミングとは

いつ?

仲介手数料を払うタイミングは、契約時に半分、買主への引き渡しの際に半分が一般的なタイミングです。

仲介手数料を支払うタイミングは不動産会社によって異なる場合があるので、事前に確認するようにしましょう

仲介手数料ではなく、サービスを重視して不動産会社を選ぶべき

不動産会社は、仲介手数料の安さだけで、選ばないでください。

サービス

不動産会社を選ぶ基準はあくまでも「自分のマンションを高く売ってくれるかどうか」です。

「仲介手数料が安いから」という理由だけで不動産会社を選択してしまうと、結果不動産が安く売れてしまって損をしてしまうかもしれません。

手数料の安いところではなくて、サービスのいい不動産会社を選ぶべき

不動産会社は仲介手数料の安さで選ぶべきではない

手数料が安いからといって「契約するべき理由」にはなりません

手数料が安いという理由で契約をして、不動産の売却値が低くなってしまっては、結果として損をしてしまうからです。

また、不動産会社によって、あなたの不動産の売却価格が数百万円も低くなってしまう場合もあります。

仲介手数料は、不動産の売却金額に比べれば小さなものです。

仲介手数料の値段は無視してサービスの良い不動産会社を探すようにしましょう

仲介手数料の値引きよりも高値売却の方がお得

不動産仲介会社は、仲介手数料が安いという理由で選ぶべきではありません。

不動産を高値で売却する方がよっぽどお得な取引にすることができます。

Summary

実は、仲介手数料を値引いてもらうよりも、売却価格を上げた方が売主・不動産会社の双方にとってお得になります。

詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

高値売却とは?

高値売却とは
高値売却をしてくれる不動産会社とは、土地の査定額を高く見積もってくれた不動産会社のことです。
なお、査定額と売却価格がイコールになるわけではないことに、注意が必要です。

仲介手数料の値引きよりも高値売却の方がお得

手数料を安くするより高額で不動産を売却した方がお得

不動産会社からすると、仲介手数料の値引きをするよりも土地売却の価格を上げた方が負担が少ないのです。

土地の売却時に、仲介手数料の値引きを行ってくれる不動産会社の方が魅力的に見えてしまうかもしれません。

ですが、土地を高値で売却しようという意思のある不動産会社を選んだ方が、最終的には売主・不動産会社の双方がお得になります。

高値売却する意思のある不動産会社を選ぶ

高額売却をしてくれる不動産会社を選ぼう

注意
高額査定を出す不動産会社に注意です。中には、根拠がないにも関わらず顧客を掴むために高額な査定額を提示する不動産会社もあります。

そのような不動産会社に捕まらないためにも、複数の不動産会社に査定を出し、一社だけが以上に高い査定額を出してきた際は、

  • どうしてその査定額を出したのか
  • 過去に同じような土地の売却実績があるのか

などを確認し、不動産会社がその査定額を出した理由を探る必要があります。

まとめ

仲介手数料とは、「不動産売却の仲介の際の通常業務で発生する費用」のことです。

特別な広告宣伝などは含まれない場合があります。その会社の「通常の業務」と「通常外の業務」を事前に確認するようにしましょう。

仲介手数料は、法律で上限は決められていますが、不動産会社によって価格は異なります。

でも、ここで大切なのは仲介手数料が安いからといって、それを決め手とはしないこと。

あくまで、サービスの良い会社を選んでください。

仲介手数料を払うタイミングは、契約時に半分、買主へのマンション引き渡しの際に半分が一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です